ドキュメンタリー
塵

2012/45min/ステレオ/16:9/HD

生まれながらにして両親が不在という環境にあった作者。
母の伯母夫婦には子供がおらず、生まれてすぐ作者はこの老夫婦のもとに預けられ育つ。
10歳のとき、養子縁組により彼らの娘となる。戸籍上の父母はこのときすでに65歳だった。その4年後、最愛の養父、兼一が他界。当時14歳の作者は、どうすることもできないまま、収入のない養母との二人きりの生活を余儀なくされる。
95歳を迎えた養母の命の限りを見つめ、次第に死に近づきながらも「生」をまっとうする彼女の日常を追いながら、自身の映像制作における根源的なテーマを深く考察する物語。 
これは、「河瀬直美」という映像作家が映画と出会い、その出自を普遍的な物語に昇華させた『につつまれて』に始まった一連のプライベートドキュメンタリーの集大成とも言える作品である。

受賞/招待

第65回ロカルノ国際映画祭正式出品

スタッフ

監督・撮影・編集 河瀨直美
企画・製作 組画
CO-PRODUCTION Arte-France

キャスト

河瀨宇乃、河瀨直美、光祈