垂乳女 Tarachime

ドキュメンタリー

2006/43分

命の誕生を通して「生」を見つめるドキュメンタリー映画『垂乳女』。
家族、生と死をテーマに作品をつくり続ける映画作家・河瀨直美が自らの出産経験を通して「いのち」のつながりを描く感動作です。2006年夏以来、ヨーロッパ各地でのテレビ放映、数々の映画祭え受賞を重ね、静かな感動を呼び起こしています。

「命を授かるということは、命を分かつということ。命を身ごもったその日から、そしてその命の誕生までを描くつもりの映画でした。けれど、創ってゆくうちに、それはただこのひとつの「命」だけの物語ではないということにたどりつき・・. やがて、命と命の結び目を描くような映画へと昇華してゆきました 河瀨直美」

詳細はhttp://kumie.shop-pro.jp/

スタッフ

監督 河瀨直美
出演 河瀨宇乃、光祈、河瀨直美
製作協力 Arte France
製作 遷都/組画